--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/11/09.Sat

センブリ茶

寒いのに、
お腹出して、寝ちゃった。

グス。風邪引いちゃったかな・・・。
なんだかお腹が痛ーい!

センブリ茶

ちくちゃんが、センブリ茶を作ってくれたよ。
この時期しか飲めない、贅沢な生薬のお茶!
う〜〜〜ん。・・・にが~!!!!
お花、たったこれっぽっちなのに、どうしてこんなに苦いんだろ。

ミドリン
スポンサーサイト
ミドリンのひとり言
2012/09/25.Tue

楽しかった!

nagatofarm.jpg

このあいだね、牧場のクラフト市に参加したよ。

今年はじめての参加だったから、すごくドキドキしたの。

でもね、始まってみたら、
お天気もよくて、
すごく、楽しかったー。

来年はテントを用意して参加したいな~。
スタッフ一号さん、準備よろしくね。

table.jpg
今年はこんな感じ!

tabel2.jpg
ちっちゃなお店だったけど、
たくさんのお客様と
お話することができました。

お家に帰る途中、こぎつね文庫の館長さんに
「おやおや?ミドリン、ユデガエルみたいだよ。」
って言われたの。

ねえ、ちくちゃん。
ユデカエルってどんなカエル?
今度、教えてね。

ミドリン

yudemidorin.jpg

(ミドリンは自分が日焼けしていたことを知らなかったんだって。byちくちゃん)

ミドリンのひとり言
2012/07/08.Sun

ご紹介!

haruka.jpg

理咲さんのお友達が本を出版されました。(表紙は、もちろん理咲さんでーす。)

「春香だより ―父イタリア人、母日本人、イギリスで生まれ、スイスに育つ娘との[親バカ]育児記録」
です。
アマゾンはこちら
ブログはこちら

郁世さんのブログには、小さい頃の理咲さんとの思い出も、書いてあったりして興味津々。

「育児書と思って、読まないでください。」ってあるよ・・・・? 笑

どんな、本なの~~~~?

ミドリンも読んでも大丈夫?笑

平川郁世さんは理咲さんのお友達。

外国(スイス)に住んでるんだって。

スイスはトンガリお屋根が多いの?

あ、春香ちゃんの後ろにはリスさん・・・

ねね、ちくちゃん。(ヒソヒソ)

リスさん、いつか、ちくちゃんの森にも遊びに来てくれるかな・・・。

ミドリン
ミドリンのひとり言
2012/06/21.Thu

みんな、ありがとう。

とっても、とっても、久しぶり!

台風が来てるけど、
皆のお家はだいじょうぶ?

ミドリンのお家?
土の中だから、だいじょぶでーす。

さて、「はじめまして」展
無事、終わりましたー。

tenji01.jpg

いっぱいのお友達にきてもらったよ。

会場で販売させていただいた雑貨は、
ぜ~んぶ、皆で手作りしたものです。
(ハサミでいっぱいチョキチョキしたんだよ。)

tenji02.jpg


ちくちゃんはもちろん、
ことりさん、くまさん、み~ふぁちゃん、
ミドリン、がんばったのだけど、
なんせ、ちくちゃんの森の住人は、
ミニマムサイズのため、
最後のほうは、いっぱいの人に
手伝ってもらっちゃいました。

tenji03.jpg

すみれの花かわいかったね。

値札貼りを手伝ってくれた
こんちゃんとおばあちゃま
ありがとう。
次の展示会も宜しくお願いします。

思い出、沢山できました。(ヤッホー)

菜の花館の皆さん、ほんとに
お世話になりました。(ペコ)

スタッフ1号さんは、
しばらく、野沢菜のお漬け物を
3時のお茶請けにまで、ポリポリしていたそうです。

nozawanapack.jpg

こんな感じ。笑

nozawana.jpg

ほんと、食いしん坊だよね。

開催中の様子は正直さんも書いてくれているので、
こちらを読んでね。

http://blogs.yahoo.co.jp/futamimasanao/9005725.html

さあ、私達は、次の準備をはじめまーす。
次回は、夏に。(って、もうすぐじゃん!)

ミドリン


ミドリンのひとり言
2012/03/21.Wed

ピンクのリボン

ribon.jpg

暖かくなったら、
ピンクのリボンをつけて、
お出かけするの。

ーこれは、去年のお話ー

出会ってしばらく経った頃、
ちくちゃん、私が住んでる
お池まで遊びに来てくれた。

ミドリンには兄妹がいっぱい・・・

お池にはミドリンと
同じ顔した兄妹もいっぱい・・・

ちくちゃん
「ミドリン、いますかー?」と呼んでみる。

ところが、お池のカエルは
みんな、みどり色・・・

兄妹達は口々に
「え?ぼく?」
「あら、わたし?」と
こたえ始めたから、
さあ、大変!

困ったちくちゃん、
お池に向かって、もう一度、
「ミドリン、どこ~?」

私を探し出してくれた時には、
すっかり夕方。

しょんぼりしていた私に
ちくちゃんは、ポケットに入っていた
ピンクのリボンを結んでくれた。

「これで、ミドリンってわかるよね!」

ありがとう、ちくちゃん。
ずっと、大切にしているんだ。

あの時のリボンは私の宝物。

ミドリン
midorindoko.jpg

ミドリンのひとり言
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。